営業許可の申請をする際にまず悩むのがその種類です。

一口に営業許可といっても提供しようとするメニューなどによりその種類が違ってきます。

ではその違いとはどのようなものでしょうか?

営業許可の種類

営業許可の種類を簡単に解説していきます。

営業許可は「Ⅰ型」「Ⅱ型」「Ⅲ型」の3種類があります。

大きな違いは給排水のタンクの大きさと調理工程数です。

単純にいうと

Ⅰ型 → Ⅱ型 → Ⅲ型

の順にできることが多くなっていきます。

営業許可の違い

Ⅰ型(40リットル)

  • 給排水のタンクがそれぞれ40リットル必要です。
  • 1工程の簡単な調理の複数品目を取り扱うことができます。
    (揚げる・温める・盛り付ける等)
  • 2工程程度の簡易な調理で1品目を取り扱うことができます。
  • 食器は使い捨てを使用する。
  • 処理を行わない非包装魚介類の付帯的な販売をができます。

Ⅱ型(80リットル)

  • 給排水のタンクがそれぞれ80リットル必要です。
  • 2工程の簡単な調理複数品目を取り扱うことができます。
  • 大量の水を使用しない調理ができます。
  • 食器は使い捨てを使用する。
  • 処理を行わない非包装魚介類の付帯的な販売をができます。

Ⅲ型(200リットル)

  • 給排水のタンクがそれぞれ200リットル必要です。
  • 大量の水を使用する調理ができます。
  • 複数の工程を要する緒プリ画できます。
  • 通常の食器が使用可能。
  • 下処理や1次加工ができます。
  • 鮮魚介類の簡易な処理、生食用鮮魚介類の調整を伴う販売ができます。(給水量の範囲で生成的に行える調理に限ります。)

基本的にⅢ型であればなんでもできます!

※工程とは調理における動作のことをいいます。焼く、揚げる等でそれぞれ1工程、焼く→盛り付けで2工程になります。

このように営業許可の種類によりタンクの大きさが変わるのでご自身のキッチンカーでどのようなメニューを提供するのか、何工程の調理が必要かよく考えましょう。
また導入設備や車両の大きさも変わりますのでしっかりとしや資金計画も必要です。
(Ⅲ型では軽自動車は難しいでしょう!)

メニューごとの営業許可

キッチンカーの定番メニューを例に具体的に解説していきます。

管轄の保健所の見解により若干変わる場合もありますので必ず保健所に確認してください。

唐揚げ

【Ⅰ型】

揚げて盛り付けることができます。。(2工程程度の簡易な調理)
仕込みはできないので1次加工所等で仕込んで揚げるだけの状態にしておく必要があります。

【Ⅱ型】

揚げるほかに切ったり、野菜等を添えたりすることができます。
仕込みはできないので1次加工所等で仕込んで揚げるだけの状態にしておく必要があります。

【Ⅲ型】

仕込みから揚げて盛り付け等すべてキッチンカーでできます。

唐揚げ弁当・唐揚げ丼

【Ⅰ型】

揚げるのみ、盛り付けのみしかできません。この場合は出来上がっているものを用意しておき、ごはんと唐揚げを盛り付けるのみです。

【Ⅱ型】

揚げて盛り付けることが可能です。

【Ⅲ型】

仕込みから揚げて盛り付け等すべてキッチンカーでできます。
こだわった盛り付けやトッピングも可能です。

カレーライス

【Ⅰ型】

盛り付けるのみ。加熱することができずⅠ型では難しいです。

【Ⅱ型】

加熱して盛り付けることが可能。
カレーの仕込みは1次加工所などで行う必要があります。

【Ⅲ型】

カレーを仕込むところからできます。
また、カツなどのトッピングを揚げることも可能です。

サンドイッチ

【Ⅰ型】

パンに具材を挟んで提供のみできます。
具材を切ったり焼いたりはできません。

【Ⅱ型】

具材を切って挟むまたは具材を焼いて挟んで抵抗できます。
切って焼いて盛り付けると工程数が3になるためできません。

【Ⅲ型】

野菜などを切ったりお肉を焼いたり、凝った盛り付けなどもできます。

ホットサンド

【Ⅰ型】

パンを焼くのみしかできず盛り付けはできません。

【Ⅱ型】

パン、具材を焼いて盛り付けることができます。
具材を切ったりすると工程数が3になるためできません。

【Ⅲ型】

切る、焼く、盛り付けるとすべてできます。

クレープ

【Ⅰ型】

盛り付けのみ。生地の仕込みや焼くことはできません。

【Ⅱ型】

焼いて盛り付けることが可能です。
生地の仕込みはできないのであらかじめ1次加工所などで用意する必要があります。

【Ⅲ型】

生地の仕込みから焼いて盛り付けるところまですべて可能です。

ケバブ

【Ⅰ型】

ケバブは焼いて切って盛り付けるのでのでⅠ型では不可能です。

【Ⅱ型】

お肉を焼いて盛り付けることができます。
野菜を切ったりすると工程数が3以上となるためできませんのであらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅲ型】

お肉を焼く、切る、盛り付ける等すべてキッチンカーでできます。

タコライス

【Ⅰ型】

盛り付けしかできません。
食材を切ったり加熱したりすることができないのでⅠ型では難しいでしょう。

【Ⅱ型】

お肉などを焼いて盛り付けることが可能です。
切ったりすることはできませんのであらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅲ型】

お肉を焼いて野菜を切って盛り付けるなどすべてキッチンカーでできます。

うどん・そば・ラーメン

【Ⅰ型】

麺をゆでることができます。具をトッピングすることは可能ですのでⅠ型でも麺類を提供することは可能です。
但し、ダシやスープの仕込み、トッピングの具材はあらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅱ型】

麺をゆでることができ、トッピングのチャーシューや野菜などを切ったり加熱したりすることもできます。

【Ⅲ型】

スープの仕込みから麺を打ったりすべてキッチンカーでできます。

ピザ

【Ⅰ型】

ピザを焼くのみできます。あらかじめ冷凍のピザ等を用意しておく必要があります。

【Ⅱ型】

具をトッピングして焼くことができます。
生地はあらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅲ型】

生地をこねるところからトッピングして焼くことまですべてキッチンカーでできます。

パスタ

【Ⅰ型】

パスタの提供はⅠ型では不可能です。

【Ⅱ型】

パスタをゆでてソースを加熱することができます。
ソースはあらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅲ型】

麺を作る、ソースを仕込むところからすべてキッチンカーでできます。

ドーナツ

【Ⅰ型】

ドーナツを揚げる事のみできます。

【Ⅱ型】

ドーナツを揚げてトッピングすることができます。
生地はあらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅲ型】

生地を仕込むところからすべてキッチンカーでできます。

ハンバーガー

【Ⅰ型】

ハンバーガーはⅠ型では提供不可能です。

【Ⅱ型】

焼いて盛り付けることができます。野菜などを切ることはできませんのであらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅲ型】

パテの仕込みや焼いて盛り付け、野菜などのカットもできます。サイドメニューとのセットも提供可能です。

ホットドッグ

【Ⅰ型】

具材を挟んで提供のみできます。

【Ⅱ型】

ソーセージなどを焼いて野菜なども合わせて挟んで提供することができます。

【Ⅲ型】

全てキッチンカーでできますがⅢ型の必要はありません。

かき氷

【Ⅰ型】

氷をかいてシロップをかけて提供することができます。

【Ⅱ型】

フルーツなどを盛り付けて提供することができます。

【Ⅲ型】

全てキッチンカーでできますがⅢ型の必要はありません。

コーヒー

【Ⅰ型】

コーヒーをドリップして提供することができます。

【Ⅱ型】

豆を挽いてドリップして提供することができます。

【Ⅲ型】

豆を炒ったり、付け足しをしたり自由自在に提供ができます。

おにぎり

【Ⅰ型】

にぎって提供するのみできます。具材はあらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅱ型】

鮭やたらこを焼いてにぎるなど少しこだわったおにぎりの提供が可能です。

【Ⅲ型】

仕込みや具材の調理がすべてキッチンカーで可能ですので凝ったおにぎりの提供が可能です。

焼き鳥

【Ⅰ型】

焼き鳥を焼くのみ可能です。串はあらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅱ型】

串に刺して焼くことができます。お肉を切ったりすることはできませんのであらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅲ型】

お肉を切って串に刺して焼くことができます。また、タレなどの仕込みも可能です。

フレッシュジュース

【Ⅰ型】

ミキサーで混ぜて提供することができます。フルーツの皮はあらかじめ1次加工所などで剥いておく必要があります。

【Ⅱ型】

フルーツの皮をむいてミキサーで 混ぜて提供することができます。

【Ⅲ型】

全てキッチンカーでできますがⅢ型の必要はありません。

たこ焼き・お好み焼き(粉もん)

【Ⅰ型】

焼いて提供することができます。生地の仕込みやタコなどの具材を切ったりすることはできませんのであらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅱ型】

タコを切って焼いて提供することができます。生地の仕込みは工程数が超えるのであらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅲ型】

生地の仕込みや具材のカット等全てキッチンカーでできます。

ロコモコ

【Ⅰ型】

ロコモコの提供はⅠ型では可能です。

【Ⅱ型】

焼いて盛り付けることができます。ハンバーグなどはあらかじめ1次加工所などで準備する必要があります。

【Ⅲ型】

ハンバーグをこねたり仕込みからすべてキッチンカーでできます。

キッチンカーで開業を目指されている方は何をどのようにして提供するのかをよく考えてキッチンカーの製作、保健所への申請を行う必要があります。

当社ではお客様と綿密な打ち合わせの上、希望に沿った

オーダーメイドのキッチンカー

を製作いたします。

またご購入のお客様には営業許可申請もお手伝い致します。

ご相談、キッチンカーの見学お見積りはお問い合わせフォームよりどうぞ!