競売物件とは?

競売として売却される不動産は、マンション、一戸建て、土地など居住用から事務所や店舗、ビルなど事業用までさまざまな種類があります。
中でも住居については、所有者が住宅ローンを支払えなどの理由により債権者から差し押さえられ競売の申し立てを受けたものがほとんどです。

※住宅ローンを支払えなくなったときは「任意売却」によって家を処分する方法もあるのですが、「競売」とは別物です。

債権者の申し立てに基づいて裁判所が競売の公告をし、入札期日までの期間に入札が行われます。

そこで最高値を付けた入札者が購入の権利を得ることになり、これを「落札」といいます。

競売物件とは売却方法に違いがあるものの、物件自体は一般の中古住宅と同じですが
相場よりも安く購入することが可能です。

競売物件購入にあたり気をつけるべきポイント

物件自体が一般の中古住宅と変わらないとはいうものの、競売物件を購入場合には注意すべきポイントがいくつかあります。

内覧ができない

競売物件は原則として事前に物件の内覧することができません。裁判所の執行官の調査に基づき用意された

  • 「物件明細書」
  • 「現況調査報告書」
  • 「評価書」

のいわゆる3点セットに添付された室内などの写真を確認するだけで、
自分自身で部屋を見て確認することはできません。

仲介業者がない

不動産を購入する場合は不動産業者(仲介業者)を通して売買契約を締結するのが一般的です。

そのため業者がトラブルを未然に防ぐため物件の詳細調査や宅地建物取引主任者による重要事項説明などが行われますが、
競売物件の場合には業者を通さないため、自らが物件の調査をしなければならず調査内容に不備があっても不動産業者が責任をとってくれたりするわけありません。

当社では競売サポート業務を行っており入札者に代わり物件の詳細調査をし調査広告書を作成の上、アドバイスをさせていただきます。

落札後、引き渡しまでのトラブル

無事落札した後もトラブルが生じる事もあります。

それまでの居住者がすんなり立ち退いてくれなければ、裁判所に対して強制執行の手続きをしなければならないなどといった面倒が生じることもあります。

立ち退きの強制執行などは時間と手間がかかる複雑な手続きが必要です。

当社では引き渡し後のサポートも致します。引渡しが完了するまでの間にトラブルが生じた際にはご相談下さい。

競売一括サポート

このようなリスクがあるため、競売物件の落札価格は相場の3~5割ほど安くなるため
競売ではお得に不動産を取得することが可能です!

当社ではお客様が気になる競売物件がございましたら、お客様の代わりに弊社が物件調査を行い分かりやすい調査報告書を作成いたします。

調査報告書をもとにさらに担当者がご説明させていただき入札価格の目安等のご提案をいたします。入札に参加するかどうかはお客様に判断していただきます。
他にも投資物件の活用や再販ご提案も致します。

また、入札される場合は入札~開札も当社が代行させていただきます。

無事落札後は引き渡しが完了するまでしっかりとサポートいたしますのでご安心ください。

競売手続きの詳細内容についてはコチラ → サポートメニュー